2008年10月10日

クライマックスシリーズ

クライマックスシリーズ。

パリーグはいよいよ、11日土曜日から始まりますね。
短期決戦を勝ち抜けば、日本シリーズに進出できるわけですから
否が応でも盛り上がります。

ちなみに、クライマックスシリーズという呼称は、
ファンからの公募で決まったんですね。
知りませんでした。

クライマックスというくらいですから、プレーオフと日本シリーズ
を合わせていうのかと思いましたが、プレーオフの呼称のようです。

さきほど「否が応でも盛り上がる」という言葉を使ったのは、
やはり、現行のプレーオフ制度に断じて反対だからです。

この問題は、選手にしても監督コーチはじめ、プロ野球ファン、
と、思いは同じのはずです。

というのは、長いシーズンを3位で終わったチームが日本一に
なって、それでいいのかという気持ちはきっとあるからです。

実際、シーズン2位のチームが日本一になったケースは
ありますが、昨年の中日がそうでした。
シーズン2位の中日が、まずプレーオフでシーズン1位巨人に勝って
セリーグ制覇したにもかかわらず、胴上げしなかったんですよね。

自分たちはあくまで、シーズン2位でシーズン優勝はできなかった
という思いからです。

やはりプロ野球は、1年間144試合にもわたる戦いを制することに
意義があるわけで、現行のプレーオフ制度は、云わばシーズンの
戦いの価値を落とす、よろしくない制度と言っていいでしょう。

でありながら、短期決戦の面白みにつられて、反対の声が
通らない巧妙な仕組みになっています。

もちろん日本もチーム数が増えて、4リーグ制にでもなれば
プレーオフは不可欠ですが、2リーグ制でプレーオフはナンセンス
以外の何物でもありません。球団経営の厳しさはわかりますけど、
その問題の本質は年俸高騰ですので、そちらで解決して欲しい!!





posted by 木似 なる at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。