2008年10月09日

株主優待投資 すき家のゼンショー

私が株を始めたのは、新聞の投書欄で「週末は株主優待券で
食事をしている」という主婦の方の話を読んでからです。

それで、慌てて雑誌なんかを立ち読みしながら、
2002年の3月に初めてファミレス株と牛丼株を買ったわけですが、
今思えば、株主優待投資をするにはなかなかのタイミングでした。

バブル崩壊の失われた13年の末期ですからね。

今回もそういった、不景気の末期に株主優待投資を始めるのが
ベストですが、ではそれがいつくるのかと言えば、
来年か、それとも3年後か、それとも10年後か、
誰にも全くわからないわけです。

そこで、おすすめの株主優待投資の1つのプランを提示します。

名付けて、ゼンショーの3分割買い!!

ゼンショーとは、牛丼のすき家を経営する株式会社で、
最近はココス、なか卯、ビッグボーイのM&Aで
急成長しました。

2001年の100円割れから、2005年の高値は2000円と、
20倍に化けて、今は300円台まで急落。
2004年の水準まで戻っています。

では、何がおすすめなのかというと、100株単位で買えるという
手軽さです。株価400円としても、1単位4万円で買えるわけです。

で、半期ごとの株主優待券が3000円ずつと、配当が1株12円で
1200円と、合計年間7200円のリターンで、投資額4万円で割ると
何と利回り18%です。

ということは投資額4万円は、5年半で回収して
そのときの株価がまるまる利益になるわけです。

ですから、日々の株価の値動きは全く無視できるわけです。
なかなか、いい戦略でしょ。

ただ、株式投資ですので倒産の問題は避けて通ることはできません。
株価が10倍20倍にもなれば、株価が半分その半分になる可能性も
当然あるわけです。

そういうリスクが理解できた上で。もう3万円余裕のある方は
ゼンショーが200円まで下がれば第二段買い。
100円まで下がれば第三段買いです。

そうすれば、最後の100円買いは1年半で投資額が回収できます。

ただ、この手を使うには、あまり大きな声では言えませんが
ご家族の協力が必要です。銀行口座と証券会社の口座開設の
名義をご自分以外に、二人分用意する必要があります。

それともう1つのリスクは、株主優待の廃止と無配転落です。
2002年前後の金融危機のときは、大丈夫な会社が多かったのですが
今回は100年に1度の危機とも言われていますので
正直なところ、何とも言えません。

ですが、私は早速第一弾を420円で買っています。
ただトレードぐせが抜けず、直近安値割れに倍つなぎを入れて
値下がり利益の確定をするところです。




banner2.gif
人気ブログランキングへ








posted by 木似 なる at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式・FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。