2009年01月27日

ETFはいつ買う??

株価が下がればETFがよく買われます。

ETFとは、上場投資信託Exchange-Traded Fundの略ですが
日経225やトピックスに連動したものですので、株式のように
倒産して株券が紙切れになるリスクがありません。

ETFのリスクといえば、やはり値下がりリスクがほとんど
でしょうね。

そこで、ETFをいつ買って、いつ売るか、が問題になります。

この問題はETFに限らず、すべての投資において鍵になる問題です。
まづは、投資の時間軸を定めることです。

忙しい社会人の方で、細かなファンダメンタルズやテクニカルを
隅々まで勉強したくないという方には、景気サイクルに基づく
ETFの長期投資がおすすめです。

単純に、不景気に買って好景気に売る。
これに限ると思います。

で、買い方ですが、やしきたかじんさんのような、豪ドル83円
一括買いなどは、まさしく反面教師です(笑)

分割で買っていれば、83円買いでも問題ないんですけどね。
ETFに100万円投資するのであれば、10口1単位で10回買えるわけです。

慎重に買いすぎて、半分しか買わないうちに好景気になっちゃった
といった可能性もありますが、それは大成功です。

相場の世界では、最終的に5%の人しか利益にならないそわけですから。

今現在の日経平均はかなり安いのですが、大底にはまだまだ遠い
ような気がします。
というのは昨年末、ネット証券の口座開設がかなり増えているという
ニュースがあったからです。

本当に大底を打つ局面では、たいてい、「もう株なんか、儲かりよう
が無いからやめたほうがいい」といった、雰囲気が蔓延していて
買い損なうことが多いですからね。今は、まだ買いたいと思っている
人が多すぎるような気がします。

そういう意味では、今現在は試し買い程度、03年安値を大きく
ブレイクして下げ止まったところで、投資資金の1/3から半分程度
の投入。

それくらい余裕を持った投資が理想だと思います。





banner2.gif
人気ブログランキングへ







posted by 木似 なる at 11:17| Comment(63) | TrackBack(0) | 株式・FX投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。