2008年09月10日

星野ジャパン

はじめまして、木井和土です。

ネットで検索される旬なキーワードについての雑感・日記・
口コミ・おすすめ情報などを更新していく予定ですが、
まずは練習がてら、興味のあるテーマについて
書いていきたいと思います。

まず、今日は星野ジャパンですね。

星野監督がWBCの監督要請があっても、引き受けないと
自身のブログに書き込んだそうです。

とりあえずほっとしました。

北京オリンピックであれだけの大惨敗を喫して
それでも尚、WBCの監督続投では確かに世論が納得しません。

星野監督が帰国後テレビで言われていた、
「失敗した選手にはリベンジしてほしい」とのコメントは
よくわかりましたが、ただ敗軍の将としては、一度責任を執って
リベンジするなら選手が2軍で鍛え直すように、
指揮官としての資質を鍛え直してからでも遅くはありません。

戦中、史上稀に見る大惨敗を喫した軍事参謀が、全く責任を執らず
後に同じように大惨敗を喫したといった歴史がダブリました。

星野監督以外他に誰がいる、といったご老人のお言葉は全く
その通りですがしかし、「選手を若手中心に経験を積んでもらうため
の人選なら、監督も。。。」といった暴論の方が適当だと思います。

もちろん、星野監督の手腕、特に今回は大エースダルビッシュの
調子が悪いと見るや、君子豹変、準決勝の先発を外す決断は見事
だったと思いますが、それだけに帰国後のテレビ出演で、
WBCでは責任を執って辞退することをあの場で明言してこそ
男星野だったと思うんですけどね。結果と合せて残念なところ。

後継は、王さんで連覇といきたいところですが、体調面を考えれば
他の監督か。今回の反省を踏まえれば、勝負勘が現役である
現役の監督方がいいのかもしれません。

ただシーズン前の大事な時期ですので、誰もが納得する形にするなら
前年度日本一の監督が基本的に全日本の監督を引き受けるのが
無難でしょうね。
posted by 木似 なる at 02:03| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。